ご挨拶

Greetings

私のミッション

Mission

歯周病で苦しむワンちゃん、
ネコちゃんをゼロにする

院長紹介
21動物病院 院長 鈴木正吾
経歴
1967年生まれ 日本大学農獣医学部獣医学科卒
21動物病院(東京)、近畿生物科学研究所(大阪)にて小動物臨床を研修
1997年4月27日 21(ツーワン)動物病院開院
日本小動物歯科研究会認定医
ヨーロッパ小動物歯科・口腔外科認定医(GPCert)
所属研究会
世界動物病院協会、日本動物病院協会、志学会、葉月会、日本獣医画像診断学会、 獣医神経病研究会、日本小動物歯科研究会、日本獣医癌学会など
著書・講演
感染症としての歯周病の進行
(時間軸で考える獣医外科病態生理学:インターズー社)
その他獣医師、看護師、トリマー向け講演多数

飼い主さんの目線に立って

僕は「病気に向かい合う」のではなく「飼い主さんの気持ちに寄り添う獣医療」と言う考えの元に日々の診療にあたっています。

病気の診断にCT検査やMRI検査などが必要であっても、その先の治療に結びつく検査なら積極的に飼い主さんに勧めますが、診断を付けるだけの検査なら無理には勧めません。

それは大学病院の獣医師じゃなく町の獣医さんの仕事だからです。常に自分のワンちゃんやネコちゃんがその動物の立場ならどうするかを考えて飼い主さんに治療法を提案しています。

いつも、私が向き合います

うちに来て頂いてる飼い主さんの中には
「ここは診察する獣医さんがコロコロ変わらないから…」
とおっしゃって頂く事があります。

僕だってそうです、自分の子供が病院に行って毎回違う若い先生に診察して貰うとちょっと不安になります。
モノ言えない動物の飼い主さんならなお更の事だと思います。

僕は町の獣医さんとして、外科・内科・整形外科・腫瘍科・眼科・皮膚科・小児科・産科・歯科・神経科など
全て一人で診察しています。

遠いところわざわざ僕の所まで来て頂いてる飼い主さんの
期待に添える様に日々の努力は惜しまない様にしています。

21動物病院

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせはお電話で承っております。

お電話でのお問い合わせ
9:00~12:00 / 16:30~19:15(日除く)
堺市内からはフリーダイヤル
9:00~12:00 / 16:30~19:15(日除く)